当院のご案内

治療方針

  • 患者様とのコミュニケーションを大事にします。
  • 地域のかかりつけ医を目指して患者様一人一人の体質を考慮した治療をします。

診療科目

内科

風邪をはじめとした一般的な内科診療を行っております。
内科で診察・診療する諸症状は悪化する前のご来院が大切です。
またインフルエンザや肺炎球菌ワクチン等の予防接種も行っております。

第一診察室

第一診察室

消化器内科

  • 胸やけ(逆流性食道炎)、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、痔などの治療はもとより、特に苦痛の少ない内視鏡検査による胃がん、大腸がんの早期発見に力を入れています。
  • また、当クリニックでは、肝臓専門医によるC型肝炎の治療に積極的に取り組んでいます。インターフェロン治療も外来で行っておりますのでご相談ください。
  • 胆石、胆嚢ポリープ、脂肪肝など超音波検査により診断いたします。

第二診察室

第二診察室

循環器内科

主なものとして心臓・血管系の病気、高血圧、低血圧、不整脈、高脂血症、心不全、心筋梗塞、狭心症、末梢血行障害、脳出血、脳梗塞等
患者の皆様の症状には、純粋に動脈硬化による狭心症といえるものから漠然とした不安感から出現した精神的な症状まで幅広くあります。その為、循環器科に必要とされていることは、問診や循環器的な検査を迅速に行い、循環器疾患の有無について専門家として患者様に十分に説明し、納得していただいた上で治療を進めていくことにあると考えております。
また、診察の結果で一刻を争う場合もあるため、迅速に心エコーや負荷心電図などの検査を行い、迅速な処置を行います。

呼吸器内科

感染症疾患として風邪や肺炎、気管支炎、気管支喘息、肺結核、肺がんがあります。
主に肺が関係する疾患・症状の診察・治療を行っております。

糖尿病内科

日本人は体質的に糖尿病になりやすく、近年、急激に増加しています。最近の調査では、成人の6人に1人が糖尿病か予備軍であるといわれています。 糖尿病は症状が現れにくい分、なかなか病院を訪れるタイミングを逃しがちですが、そのままにしていては、多くの症状が出てきます。
そのため、早期発見、早期治療がとても大切です。 →くわしくは、こちらをクリック

胃カメラ(経鼻内視鏡)

当院では、苦痛の少ない経鼻内視鏡を行っております。
以前胃カメラがつらかった方や、胃が心配だけど胃カメラは苦しくてイヤだという方にも、経鼻内視鏡では、苦痛なく検査を受けていただくことが可能となりました。 →くわしくは、こちらをクリック

禁煙外来

タバコは意思が弱いから止められないのではありません。 ニコチン依存症という、適切な治療が必要な病気なのです。
新しい禁煙治療のサポートにより、自己流で禁煙を行う場合に比べ、約3倍の成功率が得られます。 →くわしくは、こちらをクリック

院内設備

受付

受付

待合室

待合室

診察室

診察室

レントゲン室

レントゲン室

内視鏡検査室

内視鏡検査室

処置室

処置室

レントゲン検査

最新のデジタルX線画像診断システムを用いて、胸・腹部レントゲン検査、胃透視、骨密度測定を行います。

内視鏡検査

当クリニックでは、内視鏡専門医による“苦痛のない胃の内視鏡検査”を心がけております。

以前、胃カメラがつらかった方や、胃が心配だけど胃カメラは苦しくてイヤだという方は、経鼻胃内視鏡(鼻から極細径スコープを入れて行う胃カメラ検査)による検査も行っておりますので、ご安心ください。

また、内視鏡ガイドラインに基づいた世界水準レベルでの内視鏡洗浄器により、感染防止に努めております。

超音波(エコー)検査

カラードップラー併用の最新型超音波診断装置を用いて、頸動脈、心臓、腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など)の疾患を診断します。

血圧・脈波検査

脈波図検査は、手と足の血圧の比較(ABI)や脈波の伝わり方(PWV)を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の度合や早期血管障害を検出することができます。

飯田内科クリニック

飯田内科クリニック
〒310-0045
茨城県水戸市新原1-19-43
TEL:029-251-3651
 駐車場  25台
 アクセス  大きな地図はこちら

診療科目

  • 内科
  • 消化器内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 胃カメラ(経鼻内視鏡)
  • 禁煙外来

診療時間


午前
午後

 診療時間  
午前8:30~12:00、午後14:00~17:30

 休診日  土曜午後・水曜・日曜・祝日

※初診・急患など随時受付けています。